読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Part5攻略法を大公開します

法が苦手・・・
 
 
然分からないから
結局勘で答えて不正解・・・
 
 
 
 
こんな負のループ
抜け出したくありませんか?
 
 
{836D21A1-AC58-465D-A799-3DB5D4152DC4}


 
 
「抜け出せるんなら
今すぐにでも抜け出したいよ!!」
 
 
というあなた。
 
 
今日の記事をしっかりと
読んでください。
 
 
 
 
それだけで、
 
 
・時間短縮
・正解率アップ
・コツ
「なんだ。文法って意外と簡単じゃん。」
 
 
 
と思えるように
なってしまいます。
 
 
 
 
 
逆に、今日の記事を読まないと
永遠に文法は
苦手なままでしょう。。。
 
 
 
 
それでも構わないあなたは
今すぐこのページを
閉じてくださいね。
 
 
 
 
 
はい!こんにちは。
risakoです。
 
 
 
 
 
今日は、
 
 
TOEIC文法の勉強法ではなく
解き方のコツを紹介していきます。
 
 
 
 
「コツなんてあるの?」
 
 
と思ったあなた。
 
 
 
 
あるんです( ´ ▽ ` )
 
 
 
これを知っているだけで
かなり違ってきますよ。
 
 
 
 
時間短縮にもなるし、
メンタル的負担も減ります。
 
 
 
では早速。
 
 
 
TOEIC英文法解き方のコツ。
 
 
前後を見るだけで解ける出題パターン
 
 
 
 
TOEICの英文法問題であるPart5,6では、
英文全ての意味を理解
する必要がない問題が多いです。
 
 
 
そのため、比較的簡単に
点数アップが可能です。
 
 
 
ではこれから
TOEICで必ずと言っていいほど出題される
6パターンを紹介していきますね。
 
 
 
 
 
1.助動詞
 
 
助動詞の後ろは迷わず
動詞の原型を選んでください。
(助動詞とは、will,can,could,should,mayなど)
 
 
 
例:In collaboration with local performers, internationally acclaimed choreographerNaomi Bennet will ——- a musical film next spring.
 
 
 
 
(A) production -produce
(制作、生産する)の名詞
(B) producing -動名詞
(C) produce -原形
(D) produced -過去形、受け身
 
 
 
(和訳)
地元の俳優陣と共同で、
世界的に評価の高い振付師のNaomi Bennetさんが
来春ミュージカル映画を製作する予定です。
 
 
 
 
willがあるので、
迷わず(C)を選ぶことが出来ますね。
 
 
 
 
 
 
2.動詞の後ろ
 
 
動詞の後ろは、必ず目的語を取ります。
 
 
例:A non-profit organization supportingthe conservation
of the national park is now accepting ——- from the general public.
 
 
 
(A) donated - donate
(寄付する、など)の過去、受け身
(B) donations - 名詞
(C) donating - 動名詞
(D) donate - 原形
 
 
 
(和訳)
その国立公園の保護を支援している非営利団体が、
現在一般市民からの寄付を受け付けています。
 
 
 
acceptingという動詞の後ろが問われているので、
目的語である名詞の(B)が答えとなります。
 
 
 
 
 
 
3.前置詞
 
 
前置詞の後ろは、
名詞か動名詞を選びましょう。
(前置詞とは、with,in,before,forなど)
 
 
例:With a view to inspectingthe restaurant’s hygiene standards,
the inspectors’ visit was madewithout ——- last Friday.
 
 
(A) noticed -notice
(気づく)の過去、受け身
(B) notify -動詞の原形
(告知する)
(C) notice – 名詞(通知)、動詞(気づく)
(D) noticeably - 形容詞(目立つ)
 
 
(和訳)
そのレストランの衛生水準を調査するために、
検査官らによる抜き打ちの訪問が先週の金曜日にありました。
 
 
 
withoout notice(予告なしに)という熟語ですが、
仮にこの熟語を知らなくても
前置詞の後は名詞か動名詞と覚えておけば、
すぐに(C )だとわかりますね。
 
 
 
 
 
4.冠詞
 
 
冠詞の後ろは、名詞を選択しましょう。
 
 
例:Employment of illegal immigrantsand their children has
been a controversial ——- in the society.
 
 
 
(A) issued -issueの過去形、受け身
(B) issuable -発行できる(形容詞)
(C) issue - 発行する
(動詞)、関心事など(名詞)
(D) unissued – 未発行の(形容詞)
 
 
 
(和訳)
不法移民およびその子供たちの就労は、
賛否両論のある社会問題となっています。
 
 
 
a(冠詞)+名詞の形を見つけましょう。
 
 controversialという名詞がありますが、惑わされないでくださいね。
 
形容詞+名詞=ひとかたまりの名詞
と考えましょう。
 
 
 
 
 
 
5.形容詞
 
 
「空所+名詞」の場合は形容詞を選びましょう。
 
 
例:Having suffered from ——- losses, the management of TX Securities
announced a drastic reform plan at the press conference.
 
 
(A) considerable -かなりの(形容詞)
(B) consider - 熟考する(動詞)
(C) consideration - 考慮(名詞)
(D) considerably - かなり(副詞)
 
 
 
(和訳)
多大な損失を被ったため、TX Securities の経営陣は
記者会見の席上で抜本的な改革案を発表しました。
 
 
 
lossesという名詞の前なので、
(A )の形容詞を選択しましょう。
 
 
 
 
 
 
6.時制の一致
 
 
一つの英文の中では、
時制を一致させることが基本です。
 
 
例:The Capitol Theater which once
prospered as the city’s center of entertainment ——- its 100 years of history
in less than two weeks.
 
 
 
(A) was ending (endの過去進行形)
(B) have ended (現在完了形)
(C) will end (未来形)
(D) ended (過去形)
 
 
 
(和訳)
かつて街のエンターテイメントの中心として栄えたCapitol Theater は、
あと2週間足らずでその100 年の歴史の幕を閉じます。
 
 
 
The~entertainmentまでが長い主語です。
 
 
in less than two weeks(今から2週間足らずで)がポイントで、
未来の出来事を表しているので(C)を選びましょう。
 
 
 
 
 
 
以上この6つが、
TOEIC英文法のちょっとしたコツです。
 
 
 
ここを押さえるだけでも、
結構考える時間が減り
時間にも余裕が出来ると思います。
 
 
{8E732897-C614-4F7E-9D5F-D0B3F5223467}


 
 
問題を解いていく中で
少しずつ慣れていってくださいね。
 
 
 
今日も最後まで読んでくれて
ありがとうございました。